ショップリード文

Knittingbird(ニッティングバード)






ニッティングバードはニットの事を様々な人に知っていただきたいとニット専門のウェブマガジンを2011年にスタートさせました。


きっかけは、ニットの専門的な内容の事やニット業界にある問題を発信し、問題解決の一助になればという思いがありました。

ウェブマガジンではニット業界を盛り上げ、ニットの需要と供給を増やし、ニットに関することを情報化して後世に残すために、ニットの技術、業界ニュース、糸商、手編みから機械編み、手横、家庭機、工業機などニットの情報を紹介しています。

現在では、ウェブマガジンを主軸に横編ニットのOEM・ODMや、オリジナル製品の製造、手編み糸の開発、販売、手編み教室や家庭用編み機のワークショップなどニットの製造に関するあらゆる事に関わっています。

ニッティングバードがしてること、したいこと

(1)OEM・ODM業務

(2)編育プロジェクト

(3)編集(あみあつまり)

(4)ニットの革新的なデザインと可能性の追求

(1)OEM・ODM

OEMとはoriginal equipment manufacturerの略で
「相手先ブランド名製造」と呼ばれています。
委託者(ブランド)側が企画・設計を行い、
そのブランド名の製品を製造、
または製造するメーカーの事を指します。


ODMはOriginal Design Manufacturingの略で、
受託者(製造者)側が企画・設計・製造まで手がけます。
ニッティングバードでは横編みニットのOEM・ODMどちらでも対応しております。


(2)編育プロジェクト

編育(あみいく)プロジェクトとは編む(ニット)という言葉をもっと多くの人に知ってもらう事と、
ニット製品の需要と供給を増やすために立ち上げたプロジェクトです。
編育教室とより専門的な知識を必要とされる方に向けた編育講義があります。


(3)編集(あみあつまり)

編集(へんしゅう)と書いてあみあつまりと呼ぶニット業界内の交流会を主催しています。
ニット工場の取材をしていく中で感じたことがあり、ニット業界同士の交流があまりない点が気になりました。
編集にて情報の交換や交流など業界内部の交流が活発になればと考えています。


(4)ニットの革新的なデザインと可能性の追求

ニットは糸とデザインとロットによって編む方法や機械の種類が違くなります。
日本全国の工場を訪ね新しい機械の可能性を常に探っています。
最近では医療用器具に使われるリリアン編み機を使い、
オリジナルの手編み糸を開発しました。


ニッティングバードの将来

日本の素晴らしいニット工場がたくさんあります。
しかし倒産してしまったニット工場もまた多くあるのが現状です。
現状を打開していくためにニット全体の需要と供給を増やす試みや
ニットの革新的なモノを創りニット業界を盛り上げるために努力して行きます。


代表 田沼 英治


1984年生まれ。20歳で渡英し、ロンドンでニットに出会い、ニットデザイナークレア・タフに師事。
ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション卒業
東京ニットファッションアカデミー卒業
衣装提供、ニット作家、ニットデザイナー、コンサルタント、
手編み講師、家庭機講師として東京、大阪を中心に活動しております。







< 前のページ
次のページ >
10件 [ 1-10 ]